Diamond Head

DSCF0513 (500x331)
ダイヤモンドヘッドのクレーター内です。
ここに来たのは、もう2年前のことです。

IMG_9816 (500x406)
2年前、工事中だったダイヤモンドヘッドへの道、綺麗になってるのでびっくりです!

IMG_9826 (500x388)
トンネル内の写真を撮り忘れましたが、トンネル内も綺麗になっていました!

IMG_9827ss (500x352)
駐車場料金は変わりなし!
一般車は、$5-です。
年間パスは、$30-、一年に6回来たら、元が取れる!
けど、きっと6回は、来ないだろうなぁ~。

DSCF0506 (500x340)
このランチワゴン、降りて来たら、シェイブアイスを食べよう!と楽しみにしてたのに、
降りてきたら(ちょうど5時)、もう居なかった!
残念!

DSCF0508 (500x331)
ここが、登山口。

DSCF0511 (500x333)
今回の目的は、これ!
今年の6月からここに売店が出来ているというのを聞いて、確かめに来ました。

DSCF0512 (500x331)
登山料を払う窓口が、売店にもなってました。
ここで、登頂証明書も買えるとか?
なので、頂上の宗教団体の登頂証明書を販売してた人は居なくなってました。

IMG_9835 (500x375)
売店の先にトイレがあります。

DSCF0514 (500x331)
午後3時半、登頂開始!

DSCF0515 (500x331)
この案内板も綺麗になっています。

DSCF0516 (500x331)
リサイクルのペットボトル入れも綺麗になっています。

DSCF0520 (500x331)
遊歩道も綺麗に整備されて、水はけも考慮されています。

DSCF0521 (500x331)

DSCF0523 (500x331)
ここにもリサイクルのペットボトル入れが設置されています。

DSCF0524 (500x333)
ここまで徒歩10分。
丁度疲れた頃に休憩所があります。

DSCF0525 (500x331)
これから、あの頂上を目指します。

DSCF0527 (500x331)
15分くらい歩いた所で、道の整備が変わります。

DSCF0531 (500x331)
だんだんと足元が悪くなります。

DSCF0536 (500x331)
そして、どんどん道が険しくなります。

DSCF0541 (500x331)

DSCF0543 (500x333)
まだ、あの上まで行きます。

DSCF0544 (500x331)
足元は悪いですが、昔の道に比べると随分、良くなっています。

DSCF0547 (500x331)
大分、上がって来ました。

DSCF0548 (500x331)
もう少しです。
最初の階段が見えて来ました。

DSCF0549 (500x331)
真っ直ぐ行ったら最初の階段まで辿り着くのかと思ってたら、
まだまだぐにゃぐにゃ道が続いて居ました。

DSCF0550 (500x333)
かなり上の方まで来ました。

DSCF0558 (500x333)
最初の絶景ポイント!

DSCF0555 (500x333)
素晴らしい景色です。
この景色が見れたから、もうここでいいかなぁ~?

DSCF0561 (500x331)
こんな所を歩いて、ここまで上がって来ました。

DSCF0562 (500x331)
最初の階段=74段

DSCF0564 (500x331)
階段の上は、絶景!
そして、涼しい!
ここで、ちょっと休憩。

DSCF0565 (500x331)
階段を上がったら、トンネルがあります。
以前は、懐中電灯が無いと真っ暗でしたが、今は、ちゃんと明かりが点いています。

IMG_9839 (375x500)
そして、トンネルを抜けるとこの99段の階段があります。

DSCF0566 (500x331)
以前は、右側の99段の階段を上るしか頂上には行けなかったのですが、
2年前に左側の階段ができて、外側から登ることができるようになりました。

DSCF0661 (500x331)
この地図参照
⑦が99段の階段です。
⑯~⑬が新しくできた外側の道です。

DSCF0570 (500x331)
99段の階段を上るのは無理なので、外側の道を行きます。

DSCF0572 (500x333)
外側の道は、涼しくて良いです。

DSCF0577 (500x331)
ここの階段は、82段 (地図の⑬)

DSCF0583 (500x331)
最後、54段の階段(地図の⑪)を登れば、頂上です。

IMG_9846 (500x375)
やっと頂上!
頂上からの景色は、最高です!

IMG_9847 (500x375)

IMG_9849 (500x375)

IMG_9852 (500x375)

IMG_9854 (500x375)
ウイルヘルミナライズも見えます。

IMG_9854 (500x325)
この一直線の道が、ウイルヘルミナライズです。

IMG_9855 (500x375)
ダイヤモンドヘッドの頂上は、360度の景色、絶景です!
そして、涼しい風が吹いて、疲れも吹っ飛びます。

DSCF0584 (500x331)
帰りは、こっちの道(⑩)を帰ります。

DSCF0594 (500x331)
身体をかがめないと入れません。

DSCF0602 (500x333)
⑩ 中は、こんな風になっています。
以前は、ここで、宗教団体が登頂証明書を売ってました。

DSCF0600 (500x333)
今は、誰も居なくなって、ちょっと広く感じます。

DSCF0604 (500x331)
⑨ 防空壕跡のような場所の次は、らせん階段。

DSCF0606 (500x331)
ここも昔は、懐中電灯が無ければ、昼間も真っ暗でした。
でも、今は、ちゃんと明かりが点いています。

DSCF0607 (500x331)
⑧ らせん階段の後は、トンネル
ここも今は、明るいです。

DSCF0609 (500x331)
そして、⑦99段の階段の所に出てきます。
最初に99段の階段を登るのは、無理ですが、降りるのは、大丈夫!

DSCF0566 (500x331)
そして、この場所に戻って来ます。

DSCF0569 (500x331)
ここからの景色も絶景です!

DSCF0616 (500x331)
そして、下まで降りて来ました。

DSCF0617 (500x331)
所要時間、登りが1時間、下りてくるのが30分。
合計1時間半でした。

IMG_9856 (500x375)
クレーター内も広くて気持ち良いです!
今度は、シェイブアイスが売ってる時間帯に降りて来れるようにしよう!

広告

About アヒポキ
ハワイ在住35年。大好きなハワイの旬をお届けします。

13 Responses to Diamond Head

  1. ピンバック: トラベルドンキーのブログ - ダイヤモンドヘッド

  2. I says:

    もう何年も来てないなぁ。

    前回行った時は頂上(のトーチカ)から、一般人が行けない?隣のもうひとつトーチカの上で迷彩服バリバリ分隊が↑写真にある三脚のような台を使って国旗掲揚、敬礼してみんなで大声で何か叫んでました。
    その後、彼らがこちらの方にきたので聞いたら、ArmyではなくMarineの新入兵行事だとのことでした。

    以下知らなかったことであります。

    1. 売店できたこと
    2. 分別ゴミ箱
    3. 99階段の迂回路できたのは知っていましたが、ショートカット??⑬があったこと。(88段は急ですかね?)

    • アヒポキ says:

      I様
      売店は、この6月に出来たそうです。
      分別ゴミ箱も、2年前には無かったので、最近設置された物と思われます。
      迂回路は、2年前に完成していますが、山の外側を登るので、涼しいです。
      旧99段の階段は、キツイですが、新88段の急ではありますが、幅も広くて、風が気持ち良いので、そんなにきつくは感じなかったです。
      次回、是非!

      • I says:

        混むのいやなんで午後だと暑いけど、次回検討します。
        以前カビオラニ公圓散歩中、肩組んだ若い米人カップルにダイヤモンドヘッドに行く道きかれましたよ。マラソンマンだけぢゃなく、下から歩いて行く人もいるんですね^^;
        ところでmarineに聞くの忘れたんですが、アヒポキさんの↑↑写真にもある、隣のトーチカは尾根づたいに行けるんですかね? 知ってますか? 軍だけかな?

      • アヒポキ says:

        I様
        「ココより先は、行っちゃダメ!」=(prohibited beyond this point)というサインが建ってましたので、一般人は、行けないと思います。

  3. やまちゃん says:

     アヒポキさん、こんにちは。いつも楽しく拝見しています。

     いきなりのダイヤモンドヘッド登山ですか?ビックリしました(笑)

     ツアーなどで登山する時は、ほとんどが早朝の時間帯になってますが、
    夕方の時間帯も人は多いですか?
     さすがに日本人は少ないんじゃないですかねー?

     頂上からは絶景が広がりますが、登ることを考えると・・・私の2回目の
    登頂はしばらく先になりそうです。(3年前の初ハワイで登りました)

    • アヒポキ says:

      やまちゃん様
      6月に売店が新設されたと聞いて、取材しないと!と思ってたのですが、やっと行くことができました。
      夕方(3時半)に行ったのですが、まだまだ人が多くてびっくりでした。地元の子供達のクラブみたいなので、スクールバス2台も来てました。
      多分、午前に行った方が日本人は多いと思います。
      それでも、日本人、居ましたけどね。
      私は、クレーター内まで車で行きましたが、いつも登っている友達は、市バスで行くので、市バスのバス停から歩いているそうで、びっくりです。
      私は、クレーター内からだけでもヘトヘト・・・

  4. ふ み お says:

    最初に上ったのは30年ほど前、手掘のトンネル内は真っ暗ででこぼこした壁を手探りで進みました。入場無料でした。
    その頃はホノルルズーも無料でしたね。

    2回目は今から15年ほど前です。その時地元のガキが99段の階段の上から水を入れたペットベルトを
    側溝にいれて滑り落としていました。
    もの凄いスピードになって側溝から飛び出すものもありました。当たったりしたら怪我をしそうなほどの勢いがあり、大変危険なので日本語で「やめろ、馬鹿野郎」としかりつけました。意味は分からなくても威圧感は伝わったようでやめました。
    最後は5年前大学同窓会の時に仲間と一緒に行きました。
    ヒルトンから歩いて頂上まで行きました。アラワイ運河は一方通行なので歩くと普段と違う景色なので結構楽しめました。駐車場まで1時間半あればつきます。
    帰りは下の道まで歩きザバスで帰りました。
    その話を先輩にしたら、翌日ヒルトンから走って往復しました。往復に要した時間は2時間半です。
    先輩(当時65歳)はマラソンをやっており、東京マラソンやホノルルマラソンも走っています。
    マラソンに比べたらヒルトンからダイアモンドヘッド頂上往復なんてなんでもないようでした。

    • アヒポキ says:

      ふみお様
      ダイヤモンドヘッドは、どんどん進化しています。
      道も、デコボコだったのが、歩き易くなっているし、雨天の時の水はけも良くなってます。
      クレーター内部から頂上まで行くのも大変なのに、ヒルトンから歩くなんて、私には、とんでもない話です^^;

  5. るったん says:

    ダイヤモンドヘッドも何年も前に登りました~。すっかり変わったね。
    売店もなかったよね~。どんどん変わっていく~

  6. ユキ姉 says:

    アヒポキさん
    お元気そうですね~^^
    オイルマッサージの後で照り焼き状態で登ったのが二年前~思い出しながら読みました。
    本当に、頂上からの景色は登った人だけが見れるご褒美ですものね~
    下りてから、黄色いワゴン車のシェイブアイスにむしゃぶりつきました。
    「すとーべりー&れもん」と言ったつもりが「イチゴとメロン」味が出てきました。
    英語の発音はまだまだです。

    • アヒポキ says:

      ユキ姉様
      2年振りにダイヤモンドヘッドに登ってみて、体力的にまだ登れるから良かった!と安心しました。
      私は、下の黄色いワゴンで、レインボー・シェイブ・アイスを食べるのを楽しみに降りて行ったのに、もう車がなくて食べれなくて残念でした。
      今度は、シェイブアイスだけ食べに行くつもりです。^^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。